重い女になってしまう原因とは?



こんにちは! 伊能シオンです。


今回は、ちょっとヘビーなお話。



恋愛の始まりが片思いってこと、結構ありますよね。


ぼくも、相手から好きになられるより、こっちから好きになる方が多かったので、まさに、恋愛パターンとして、片思いから始まることが多かったですね。


まぁ、ぼくのことはさておき、・・・



片思いの状態だと、相手の男性のことをまだ知らないことが多かったりして、自分の中で妄想を膨らませることってありませんか?


その状態は要注意です。



なぜなら、それは、「重い女」に変身する一歩手前だからです。



どういうことかというと、自分の中で、相手に対する妄想が膨らみすぎると、その男性のことを自分のいいように美化しすぎてしまって、好きになりすぎてしまうからです。

相手のことを好きになりすぎると、変に思い詰めてしまい、自分を客観的に見ることができなくなってしまいます。

そして、相手に好かれよう、相手のことが知りたい、相手に気持ちを伝えたい、といった思いが自分の中で段々強くなり、その思いが高じて、極端な行動に走らせてしまうんです。


すると、相手の男性からは「重い女」と思われてしまうわけですね。


つまり、「思いが強すぎる女」=「重い女」ということになります。




まぁ、相手の男性もその彼女のことを好きであるならば、多少重くても、問題はないかも知れません。

でも、片思いの段階で、相手の男性が、その彼女のことを好きとも嫌いとも思っていない場合に、その彼女を「重い女」と認定してしまったら、必ず、引きますよ。

一般男性は、「重い女」にはお近づきになりたくないものです。



あなたは、大丈夫ですか?



重い女の行動バターンはこれ!


では、片思いしている相手に、「重い女」認定されないためには、どういった行動に注意すればいいんでしょうか?

知らず知らずのうちにやってしまっていないか、チェックしてみてくださいね。



こちらを振り向かせたいという思いから、手作りのプレゼントや高価なプレゼントを送ってしまう


これは、相当重いですね。

付き合ってもいない女性から、こんなことをされたら、ほとんどの男性が引いてしまいます。下手をすると、恐怖さえ感じてしまうかも知れません。


バレンタインも近いんで、「じゃあ、手作りチョコなんかもダメなの?」って思うかも知れませんが、それはケースバイケースですね。

例えば、でっかいハート型のチョコを作って渡すのは、わかると思いますが、完全にNGです。
普通めのチョコでお願いします。


あと、渡し方ですが、「がんばって作ったんだ」とか、一生懸命感を出したり、「これ、義理じゃないよ」とか、本命チョコをアピールしたりするのはなしにしましょう。



相手のことを知りたいという思いが強すぎて、質問しているつもりが、尋問になってしまっている


気になる相手と偶然二人きりになったからといって、
「どこに住んでいるの?」とか、
「休みの日は何して過ごしているの?」とか、
前のめりになって、矢継ぎ早に質問するのは、これまた、重いという印象を与えます。

質問された方は、取調室で、なにか尋問でも受けているみたいな気がします。

その上、「何で、こんなプライベートな質問ばっかしてくるんだろう?」って不審がり、「もしかすると、ストーカー気質?」って、あらぬ疑いをかけられかねません。


相手に対する質問は、TPOをわきまえて、あくまで、さりげなく、さりげなく・・・


片思いの重い女

嫌われたくないという思いから、極端にへりくだった物言いをしてしまう


例えば、何も悪いことはしていないのに、ついつい、「ごめんなさい」って言ってみたり、しょっちゅう「迷惑じゃない?」って言ってみたり。

初めのうちは、相手も、気遣いのできる女性と思うかも知れませんが、段々、度が過ぎると、卑屈な女性と思うようになってしまいます。

しかも、その男性だけに、そういった物言いをしている場合は、「なんで、オレだけ?」って思われてしまい、「なんか、面倒くさそう」って、「重い女」認定されてしまいます。


重い女にならないためにすべきこと


では、このような「重い女」にならないようにするためには、どうしたらいいんでしょうか?

それは、簡単です。


片思いの相手を好きになりすぎないようにすることです。




初めにもお伝えしたとおり、相手を好きになりすぎるということが、「重い女」になる原因の一つだからです。




でも、「好きになりすぎない」って、確かに、言うのは簡単ですが、実際、やるとなると、難しいですよね。


「好き」っていう気持ちは、抑えようとすればするほど、燃え上がるもんですから。



しかし、相手を「好きになりすぎない」ようにするための秘策はあります。



これは、プレミアム相談をしていただいた方のみにお伝えしている方法なんですが、実際、効果はてきめんです。

相手を好きになりすぎるというのは、心のバランスが片思いの相手に傾きすぎているからです。

しかし、この方法を使うと、心のバランスを平衡状態に保つことができるので、相手を好きになりすぎるということがありません。


昔から、「恋愛は好きになった方が負け」って言葉もあるとおり、相手を好きになりすぎると、恋愛の主導権を相手に渡してしまうことになり、自分の思い通りの恋愛ができなくなってしまいます。

なので、相手を好きになりすぎないということは、恋愛必勝法の一つでもあるんですね。


あなたは、彼のこと、好きになりすぎていませんか?



それではまた!