こんにちは!
恋愛タロットコーチの伊能シオンです。


昨日、西野カナさんの、活動休止前ラストコンサートのライブビューイングを見に行ってきました。

コンサート自体は、横浜アリーナで行われたんですが、そのライブビューイングが全国各地の映画館と、台湾,香港で行われたんですね。


映画館でのライブビューイングは初めてだったんですが、リアルタイムで送られてくる映像によって、コンサート会場の雰囲気や盛り上がりがビンビン伝わってきますし、何より、カナやんのアップが間近に見られるので、ライブビューイングでも、かなり楽しめました ^^

西野カナさんの最後の「みんなまた笑顔で会いましょう!」って言葉がとても印象的でしたね。



さて、西野カナさんの「もしも運命の人がいるのなら」って楽曲の中に、

もしも運命の人がいるのなら
運命の出会いがあるなら
あなたはいったい
どこで寄り道しているのかしら?
もしかしたらすぐ近くにいる?
それとも遥か海の向こう?


ってフレーズがあるんですが、

彼氏欲しいけど、出会いがないっていう人の気持ちは、まさに、こんな風なのかも知れませんね。



彼氏欲しいけど出会いがないっていう人のお悩み


「彼氏いない歴5年!しばらく恋愛していないんで、どんなふうに恋愛を始めたらいいのかわかんなくなっちゃた。」

「周りはドンドン結婚していくけど、私には彼氏もいなくて、なんか、取り残されていくような感じ・・・。」

「まずは、彼氏を作るのが先決! でも、どうやって出会えばいいの?」

「私の理想のお相手は、いったい、どこにいるの?」

「彼氏が欲しいけど、仕事が忙しくて、出会う時間がとれな~い!」


人それぞれ、悩みのポイントは微妙に違うかも知れませんが、彼氏欲しいけど出会いがないって人の特徴は、ハッキリとしているんですよね。


彼氏欲しい 出会い

彼氏欲しいけど出会いがない人の共通点


前回、お話しした「理想が高い」っていうのも、共通点の一つではあるんですが、一番の特徴は、「出会うための行動が圧倒的に足りていない」ってことですね。


今の世の中、インターネットが発達したおかげで、女と男の出会いの場って、めちゃくちゃ増えているじゃないですかぁ。

例えば、恋活・婚活のマッチングサービスや、SNSなど。

あと、街コンや婚活パーティなんかの開催も、ネットを通じて簡単に知ることができますよね。

なので、男性と出会える場所やきっかけは、ありすぎるほど、たくさんあります。



しかし、それでも、「出会いがない」っていうのは、明らかに、行動が足りていないということだと思うんですね。



あるアラサーの女性で、「出会いがない」っていう方に尋ねたことがあるんです。

「具体的に、どんな行動をしているんですか?」ってきくと、しばらく考え込んで、「合コンに行ってる」って答えたんで、「じゃあ、去年は何回くらい行ったんですか?」ってきくと、「2回・・・」。



あなたも、おわかりだと思いますが、これじゃあねぇ?


圧倒的に、行動が足りていないんですよ。



ある意味、理想の彼氏に出会うのも、確率論なんですね。


理想の彼氏に出会える確率が、仮に1/10だとしたら、10回行動して、1回出会えるってことなんで、1年で2回の行動なら、それで出会える方が奇跡なんです。


なので、出会いを現実のものにするためには、行動力を上げる必要があるんですよね。



それでは、どうやったら、出会うための行動力って上がるんでしょうか?



理想の彼氏と出会うために行動力を上げる方法



まずは、あなた自身の行動力を把握するために、去年1年を振り返ってみて、理想の彼氏と出会うために、どんな行動をしたか、ノートでも、スマホでも、いいので、書き出してみてください。


ぼくがやっている電話セッションでは、クライアントさんに、まずは、これをやっていただいて、その方の行動力を把握します。

その上で、その方の弱点や強みを見つけ出して、理想の彼氏と出会うために、具体的に、どう行動していけばいいのか、そのプランを一緒に練ります。


そして、そのプランに従って、クライアントさんに、出会うための行動をしてもらいます。うまくいかない場合や、行動する勇気が出ない場合は、その都度、フォローさせていただき、うまくいかない原因を探ったり、その方が行動できるレベルまで行動内容を下げてみたりして、確実に行動につながるようにしているんですね。


このように、クライアントさんから、行動力を引き出すようにコーチングしていくので、どんどん行動することができるようになります。



まとめ


彼氏が欲しい!でも、出会いがないっていう場合、行動力に問題があるので、まずは、とにかく、男性と出会える場やきっかけを求めて、ガンガン行動していきましょう!


それでは、また。