いまどきのバレンタイン事情



こんにちは!

恋愛タロットコーチの伊能シオンです。



今日はバレンタインデーですね。


昔は、女性が好きな男性に告白の意味を込めてチョコを渡すっていうのが主流でしたが、近頃は、本命チョコ以外に、義理チョコ,友チョコ,自分チョコ,逆チョコなど、多種多様で、完全にお菓子業界の戦略に乗せられている感じがします。


バレンタイン 告白

まぁ、そもそも、「女性から男性に告白の意味を込めてチョコを渡す」っていうのは、日本独自のバレンタインのスタイルなんですよね。


このスタイルができた経緯はいろんな説があるんですが、いずれも、日本のチョコレート会社がからんでいるようです。

つまり、ぶっちゃけた話、日本独自のバレンタインスタイルは、お菓子業界がチョコを大量に売るために始めたマーケティング戦略であるといえるわけです。


バレンタインは画期的システム?


ただ、この日本独自のバレンタインスタイルは、それまでになかった画期的システムであると思うんですね。



まぁ、今でもそうですが、男女の恋愛において、「好きです(*^.^*)」とか、「付き合ってください!」とか、告白するのは男性で、告白を受けるのは女性、というのが、定番ですよね。昔から、ある意味、それが常識だったわけです。


しかし、日本独自のバレンタインスタイルができたおかげで、その常識がくつがえったんですね。つまり、バレンタインデーでは、女性が男性に告白してもいいっていう日になったわけです。

これは、おそらく、当時においては、画期的なことだったと思いますね。


それまでは、たぶん、女性から男性へ告白するっていうのは、はしたないこととされていたんじゃないでしょうか。でも、このバレンタインスタイルができたおかげで、女性が男性に、周りを気にせず、告白できるようになったということは、世の女性にとって、相当な救いになったんじゃないかと思うんです。


バレンタインで告白って、どう?


で、現在は、どうでしょうか?


多種多様とは言っても、今でも、本命チョコは生きているんで、女性から本命の男性へ、告白の意味を込めてチョコを送るっていうのは、まだまだアリだと思います。


特に、好きで好きでたまらない片思いの彼に、なんとか、自分の気持ちを伝えたいけど、なかなか勇気が出ないといった、ちょっと控え目な女性にとって、バレンタインデーは、格好のチャンスになることでしょう。

つまり、バレンタインデーがあるからこそ、「その日に告白しよう」という自分の中の決意ができるわけで、それは、控え目の女性にとって、強力な後押しになりますよね。



でも、男性の立場から言わせていただくと、女性からの告白を受けるって、内心、誰しもウレシイものだと思います。なので、特に、バレンタインなどの特別なイベントの日だけでなく、「女性からの告白はいつでもウェルカム」って人は多いんじゃないでしょうか。

ですから、好きな男性への告白は、特に、バレンタインデーにこだわる必要はないと思いますね。

また、告白のターゲットとなる男性が、モテる男性である場合、バレンタインデーには、当然、いろんな女性から本命チョコはもらうでしょうから、競争率も高く、その分、その日に告白する価値は薄れてしまうわけです。なら、別の日に、告白した方が、断然、お得ですよね。


告白せずに、告白させるには?



さて、今回は、バレンタインデーにちなんで、女性から男性への告白をテーマにお話ししましたが、超控え目の女性の中には、「私から告白なんて、絶対にムリ!」って方もいらっしゃいますよね。きっと。


あなたは、大丈夫ですか?




まぁ、そんな場合でも、あなたから告白しなくてもいい方法は、いくらでもあるんで・・・


えっ? どうすればいいかって?




それは、告白せずに男性から告白させるスキルを、あなたが身に付ければいいだけです。



ぼくがやっているコーチングセッションでは、そのあたりのところも、お伝えしていますので、もし、必要があるなら、お申し込みくださいね。



それではまた!